Artist Statement

Where is the border between “artificial” and “natural”?

I began to contemplate the relationship between human technology and the sublime by the trigger of disastrous nuclear incidents of 3.11. Human beings have not just lived following the natural cycle, we have been trying to strengthen and expand our limited life by armoring ourselves with technologies.

 

I have attempted to represent organic shape by combining and processing inorganic motifs such as metal and plastic. My expression is of the moment when an inorganic object has an awakening, and depict the shape as “something,” which exists between biotic and abiotic realm in abstract and realistic ways of painting. The technology which expands our physical ability such as A.I. has become a part of our life(body) more naturally, whether physically or morally. But we can’t escape from the uncanny and discomfort of our actual body becoming data-like and being controlled by the machines.

 

My artwork aims to create a “Binary-Distortion,” which stimulates the viewers to feel going back and forth between life and non-life, digital image and physical space, two-dimension and three-dimension. The detailed technique, in my art, adds physical-realism, which assumes a role as a mediator for communicating the two polar ends.

 

The boundary of “artificiality” and “nature” is updated by the shift of our current cognition, but the terror of human technological catastrophe inspires me to strive to develop my imagination. 

人工と自然の境界はどこにあるだろうか。

3.11を契機に、人間の技術と崇高について深く考えるようになった。人間は自然の中にただ生きるのではなく、自らを技術という鎧で装甲して、有限な生命を増強しようとしてきた。

 

私は、金属やプラスチックといったモチーフを組み合わせたり編集したりすることによって有機的なイメージが現前するような作品をつくる。無機的なモノが魂をもつ瞬間、生命のようで生命でない、その「中間にある何か」を、抽象的でありながらリアルに描く。

人工知能に代表される、身体能力を拡張するような技術は、有形無形にかかわらず現代社会の一部となっている。しかし同時に、自然の中に生きる身体が情報として機械に制御されることの不気味さが常につきまとう。

 

私は作品において、生命と非生命、デジタルイメージと身体世界、二次元と三次元、両者を行き来する「ゆらぎ(Distortion)」を創出する。緻密な手仕事は作品に物理的現実感を与え、対岸にあるカテゴリー同士をつなぐ媒介役となる。

 

人工と自然の境界は、人々の認識の変化によって時代ごとアップデートされていく。ただ、人間の生み出した技術が引き起こすカタストロフへの恐ろしさは、私の作品制作のイマジネーションとなり続ける。